仙納区在住(最近まで)20歳代男性は・・・

訳あって、つい最近、磯部地区から能生地区へ引っ越ししました、若者の声をお届けします。

—■休日は、スノボ♪

1.磯部には、Uターン?それとも、磯部に出ずに学生時代から今まで磯部?
2歳の頃から磯部で生活していました。

2.休日の過ごし方は?
 休日はスノーボードをしたりギターを弾いたりしています。

—■年中おいしいお魚が…
3. 良いところベスト3
 ・地域のつながりが深い
 ・自然が豊か(海と山が両方ある、夕日・星空がきれい)
 ・食べ物がおいしい(春は山菜があり、年中おいしい魚も食べられる)

4.悪いところベスト3
 ・車を持っていないと不便。スーパーまで遠い。
 ・これから磯部を引っ張る担い手が少ない
 ・冬場に山間地は雪が多いが、一人暮らしや高齢者が増えている

—■年代を超えたツナガリ

5.ズバリ磯部にいる最大の理由は
すいません。今は能生のアパートへ出ています。ただし、磯部で育ったことはとても良かったと感じています。夏は海、冬は雪遊びと自然に触れて色々な体験をできました。
ほかの地域では、海がなかったり、雪が降らなかったりする場所もあります。商業施設はないですが、人生経験が豊かになると感じました。地区行事では、子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで皆が協力して活動をし、つながりが多くできました。これも都会の人混みに紛れると、年代を超えたつながりは広がりにくいと思うので素晴らしいことだと思います。

藤崎区からの夕日

—■夕日が見えるスポットが

6.一言どうぞ♪

私は中学校時代バレー部に所属していました。練習場所の体育館は狭く、ほかの運動部と交代で使っていました。体育館が使えない時に行うのが磯中バレー部伝統の坂道ダッシュです。学校の前には、100m程の急な坂道があり、そこをひたすら駆け上がります。
春は桜が咲き、夕方には夕日が見える素敵なスポットではありますが、当時は景色を見る余裕がないほどヘロヘロでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする