磯部地区のイイどころ・・・【天狗山】

仙納区にある「天狗山」へ行ってきました。
以下、山頂にある言い伝えの表示です。
『言い伝えでは、この山の天狗の巣に霧が降り、霧雨が降って不作になった。 そこで、神子に伺うと「仙納の天狗が住む所に鎌を立て、鍬を立てるとは何事だ」と言われて、 それからは、祠を建設し、お祭りが行われるようになった。それ以来は、天候が良くなり、豊作となった。 』
と記入があります。
この日、仙納公民館主催の「天狗山登山&道つくり」がありました。
磯6クラブの新たな取り組みである、「地域課題の解決」の一環でお手伝いに行ってきました。
朝8時現地集合(行ったら既に皆さま集合済みでした)、草刈班、道つくり班に分かれての山頂483mを目指します。
仙納区38世帯中、25名の参加。独居高齢者で欠席されている方もいますので、かなりの高い出席率。皆さんとにかく元気です。暑さを吹っ飛ばす、キレのある動きに驚きました。そして、登って6合目あたりでしょうか、本日最大級の作業、「道つくり」です。災害で流れた登山道を迂回する新たなルートを造ります。木を倒し、草を刈り、鍬で土を掘り、階段状に。均して踏んで削ってを繰り返します。
そんなこんだしましたが、10時前には山頂付近に。ここには、テレビ塔、祠(男女の2つ)、山頂展望台(東屋)があります。非常によく整備されています。山頂付近は、ジブリアニメのような雰囲気です。
登山と書きましたが、小学生低学年でも容易に登れます。大人は片道1時間とかかりません。しかもルートは違いますが、隣町の名立谷からはクルマで山頂まで行けます。
ということで、磯部小学校OBには昔懐かしいことでしょう。ここで、トン汁やらカレーを食べた記憶もあると思います。昔懐かしい天狗山ハイキングに出かけませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする